投稿

ファクタリングとは 図解 経営改善ラボ

【PR】






















































【PR】
















ファクタリングの概要

ファクタリングは、企業が売掛金(未回収の請求書)をサードパーティー(ファクター)に売却し、即座に現金を受け取る取引形態です。売掛金の回収リスクや遅延に対処するために利用されます。ファクタリングは、資金調達とリスク管理の手段として幅広く活用されています。

ファクタリングの仕組み

  • 1. 売掛金の売却: 企業がファクターに未回収の請求書を売却します。
  • 2. 事前審査: ファクターは売掛金の信用力や回収可能性を評価し、事前審査を行います。
  • 3. 買取価格の決定: ファクターは売掛金の額面に割引率を適用し、買取価格を決定します。
  • 4. 現金の受領: 企業は売掛金の一部(通常は割引後の額)を即座に現金で受け取ります。
  • 5. 回収と手数料: ファクターは売掛金を回収し、手数料を差し引いた残額を企業に支払います。

ファクタリングの種類

  • 1. 通常ファクタリング: 売掛金の売却および回収業務を含む標準的なファクタリング形態。
  • 2. 逆ファクタリング: 企業が仕入債務をファクターに売却する取引形態で、資金調達の手段として利用されます。
  • 3. 不可代替ファクタリング: 特定の売掛金を一括で売却する形態で、リスクの分散やキャッシュフローの改善を目的とします。
  • 4. 請求書割引: 未回収の請求書をファクターに割引して現金を受け取る取引形態で、資金調達の手段として利用されます。

ファクタリングの利点

  • ・キャッシュフローの改善: 売掛金を即座に現金化することで、企業の資金繰りを改善します。
  • ・リスク軽減: 未回収の請求書に伴う信用リスクや回収リスクをファクターが負担するため、企業のリスクを軽減します。
  • ・資金調達の手段: ファクタリングは短期的な資金調達手段として利用され、企業の運転資金不足を解消します。
  • ・信用改善: ファクターの事前審査や回収業務により、企業の信用力が向上します。

ファクタリングの欠点

  • ・コスト: ファクターに支払う手数料や割引率により、売掛金の一部が損失となる場合があります。
  • ・信用リスク: ファクターが回収できない場合、企業は売掛金の一部を失うリスクがあります。
  • ・顧客関係の損失: ファクタリングが企業の顧客に知られると、信頼関係が損なわれる可能性があります。

ファクタリングの適用例

  • ・中小企業: 資金繰りが厳しい中小企業が、売掛金を現金化してキャッシュフローを改善します。
  • ・成長企業: 成長段階の企業が、急速な売上拡大に伴う資金需要をファクタリングで補うことがあります。
  • ・不確実な産業: 不確実性の高い産業や新興企業が、リスクを軽減するためにファクタリングを活用します。
  • ・輸出企業: 輸出取引における売掛金の回収リスクを軽減するために、輸出企業がファクタリングを利用することがあります。

ファクタリングの将来展望

ファクタリング市場は拡大傾向にあり、デジタル技術の進化やグローバル化により、より効率的で透明性の高い取引が期待されます。特に中小企業や新興企業にとって、ファクタリングは資金調達やリスク管理の重要な手段としてさらに普及していくと予想されます。